麻疹発症中の19歳男性が、8月14日に千葉県幕張メッセで開催されたコンサートに参加していたことが明らかになった。患者多発の可能性も否定できず、全国の医療機関は、潜伏期間が過ぎた24日以降、数日間は麻疹疑い例の受診に備える必要がある。国立国際医療研究センター国際感染症センターが24日、注意喚起を行った。

麻疹発症中の男性がコンサートに、患者多発に警戒をの画像

ログインして全文を読む