中国で黄熱患者が相次いで確認されている。4月に入って新たに4人の輸入感染例が報告された。3月には6人が確認されており、これで10人となった。このうち9人は、黄熱が流行しているアンゴラにおいて就労していた。残りの1人は、両親とともにアンゴラで暮らしていた。

中国の黄熱、新たに4人の輸入感染例、いずれもアンゴラに滞在歴の画像

ログインして全文を読む