ブラジルに滞在歴があり発疹などの症状で神奈川県内の医療機関を受診した10歳代の男性が、ジカウイルス感染症であることが確認された。輸入感染例としては4例目、中南米の滞在歴がある患者では初めての症例となる。

ブラジル帰りの10代男性、ジカウイルス感染症と確認の画像

ログインして全文を読む