昨年秋ごろからアフリカのナイジェリアに端を発するラッサ熱が不気味な動きを続けている。「都市部への浸入」「隣国への拡大」「医療従事者への院内感染」。2014年に世界を震撼させたエボラウイルス病(エボラ熱、EVD)騒動で登場したキーワードがそっくりそのまま再現されているのだ。

不気味な動きを続けるラッサ熱の画像

ログインして全文を読む