世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)をご存じだろうか――。開発途上国を中心に蔓延するエイズ、結核、そしてマラリアの対策のために、国連主導で設立された民間財団のことだ。2000年の沖縄サミットで議長国を務めた日本の提案を機に、無償資金援助を行う道が切り拓かれた。「日本の提案で誕生したグローバルファンドを多くの人に知ってほしい」と話す財団の技術審査委員を務める井戸田一朗氏(しらかば診療所院長)に、その現状を聞いた。

日本発のグローバルファンドを知ってほしいの画像

ログインして全文を読む