エボラウイルス病(EVD、エボラ出血熱)から回復したものの、約10カ月後に再入院した英国人看護師が危篤状態に陥っている。10月14日、入院先のロイヤル・フリー病院が発表した。

エボラから回復した英国人看護師が危篤状態にの画像

ログインして全文を読む