韓国のMERS患者において、初期症状の発熱(37.5℃以上)は86.7%の患者に認めたが、38℃超の高熱が確認されたのは33.7%に過ぎなかったことが明らかになった。韓国感染症学会などが98人の患者を調査した結果で、6月22日に新たな情報を追加発表した。

【続報】MERS初期症状、38℃超の高熱例は34%と少なくの画像

ログインして全文を読む