韓国で感染が拡大しているMERS(中東呼吸器症候群)のウイルスは、中東地域のウイルス株とほぼ同じ塩基配列であり、主だった変異は見つからなかった。中国CDC(疾病予防管理センター)が6月5日発表した。

韓国のMERS感染、ウイルス株に変異は見つからず、中国CDC発表の画像

ログインして全文を読む