韓国で発生しているMERSの院内感染は6月3日、さらに拡大した。韓国保健福祉省の4日朝の発表によると新たに5人の感染者が把握され、患者数は35人となった。うち1人は16例目の確定患者と同じ病室だった患者で、もう1人は14例目の感染者を診た医療従事者だった。これまで確認された3次感染例は16例目の患者が起点だが、新たに別の患者からも3次感染例が確認されたことになる。

別の患者からも3次感染例が、韓国のMERS感染で新たに5人の感染者の画像

ログインして全文を読む