WHOは5月9日、リベリアにおけるエボラ出血熱(EVD、エボラウイルス病)流行の終息宣言を発表した。これを受け厚生労働省は5月11日、注意喚起や健康監視の対象とする「エボラ出血熱流行国」からリベリアを外すと発表した。終息に至っていないギニアとシエラレオネについては引き続き対応を継続する。

「エボラ出血熱流行国」からリベリアが外れるの画像

ログインして全文を読む