WHOが3月18日に発表した西アフリカのエボラウイルス病(EVD、エボラ出血熱)に関するリポートによると、3月15日までの1週間に新たに150人の確定患者が把握された。ギニアからは95人の報告があり、今年に入ってからの最高となった。

エボラ、ギニアで再燃の懸念の画像

ログインして全文を読む