精神科病床を持つ医療施設では、ノロウイルスの院内感染が毎年約20%の施設で発生し、半数の施設が3年に一度の頻度で経験していることも分かった。広島国際大学看護部の糠信憲明氏らが行った全国調査で明らかになったもの。結果は、第30回日本環境感染学会(2月20〜21日、神戸開催)で報告された。

ノロウイルス院内感染、精神科では毎年20%の施設で発生の画像

ログインして全文を読む