2014年10月6日、スペインでエボラウイルス疾患(EVD)症例が発生した。この患者は流行地域から帰還したEVD患者の看護に当たっていた医療従事者であり、流行地域であるアフリカ以外で発生した初のEVD症例となった。この症例の詳しい経緯が1月8日、Euro Surveill誌で報告された。

アフリカ以外で初のエボラ2次感染例の経緯の画像

ログインして全文を読む