米国で医療従事者がエボラウイルス疾患(エボラ出血熱)の予備検査で陽性だったことが分かった。患者は、10月8日にエボラ出血熱で死亡した患者のケアにあたっていた。米Texas Health Presbyterian Hospital Dallasが現地時間の10月12日朝に発表した。

ログインして全文を読む