エボラウイルス疾患(エボラ出血熱)の感染疑い例を含めた患者総数が8000人を超えた。WHOの集計によると、10月5日までの1週間で新たに報告された患者は855人で、累計で8033人となった。この間の死亡は527人で累計死亡数は3865人と4000人に迫っている。致死率は48.1%。

エボラ、患者数が8000人超、死者は4000人に迫るの画像

ログインして全文を読む