エボラウイルス疾患(エボラ出血熱、EVD)の報告患者数は、2014年11月に2万人を超える――。これはWHOエボラ対策チームが「感染拡大を防止する対策が現状のまま」という前提ではじき出した推計結果であり、国際社会に対して一層の支援強化を訴えるものとなった。検討の詳細は9月23日、NEJM誌のオンライン版に発表された。

ログインして全文を読む