エボラウイルス疾患(エボラ出血熱)による犠牲者は、患者への対応に追われる医療関係者らにも広がっている。WHOが9月18日に発表したリポートによると、9月14日までに確認された医療関係者の感染者数は318人、うち死亡は151人となった。

エボラ、医療関係者の感染者は318人、死亡は151人にの画像

ログインして全文を読む