エボラウイルス疾患(エボラ出血熱)の感染がさらに拡大している。WHOが9月4日に発表した集計によると、8月27日から31日までに把握された疑い例も含む新たな患者数は616人だった。うち死亡は289人。この間の1日当たり患者数は123.2人で、これまでで最多を記録した。

エボラ、疑い例含む新たな患者が1日当たり123人と過去最悪にの画像

ログインして全文を読む