エボラの疑い例を含む患者総数が、ついに3000人を突破した。WHOの8月28日発表によると、今年3月からの患者総数は8月26日時点で3069人、死者は1552人となり過去最悪を更新し続けている。致死率は50.6%だった。

エボラ、疑い例含む患者総数が3000人を突破の画像

ログインして全文を読む