ギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリアで感染者が確認されているエボラ出血熱は、依然として深刻な事態にある。WHOの発表によると、8月9日現在で、疑い例を含む患者総数は1848人と過去最悪を更新した。死者も1013人となった。1日当たり新規患者数は23.0人で、7月31日から8月1日の81.5人をピークに減少しつづけているものの、高水準で推移している。

エボラ出血熱、感染者は1800人超える、死亡は1013人にの画像

ログインして全文を読む