西アフリカで流行しているエボラ出血熱は、依然として深刻な状況にある。7月31日のWHO発表によると、7月27日までに確認された患者は累計で1323人となり、過去最悪を更新し続けている。そのうち死者は729人に上っている。

エボラ出血熱、患者総数が1300人を超える、死者は729人にの画像

ログインして全文を読む