夏に流行する小児感染症の1つであるヘルパンギーナの患者報告数が増加している。7月13日までの1週間に小児科定点医療機関を受診した患者は、鳥取県で定点当たり報告数が8.00人となった。また、東京都で7.13人、大阪府で7.04人、奈良県でも6.21人と警報レベルの目安を超え、大流行となっている。全国的にも定点当たりで3.73人となり、警報レベルの目安である「6人」の6割を超えた。

ヘルパンギーナ、鳥取、東京、大阪などで大流行にの画像

ログインして全文を読む