新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて、市町村では住民への集団的予防接種への準備が進められている。しかし、2009年のインフルエンザA(H1N1)の流行においてワクチン接種の機会よりも感染のピークが先に来たために、すでに感染したのでワクチン接種不要という人や、当所の想定よりも感染による影響も小さいと見た人が多かったこともあってか、相当量のワクチンが余った。果たして今回の集団的予防接種について、市民はどのような思いを持っているのだろうか。

市民は新型インフルエンザの予防接種についてどう思う?の画像

ログインして全文を読む