2012年5月、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)が成立し、2013年4月に施行された。特措法の下では、指定(地方)公共機関に指定された医療機関は業務計画の策定、特定接種の登録事業者は事業継続計画(診療継続計画)の策定が求められる。昨年12月から開始された特定接種の一次登録のために、既に診療継続計画を作成した事業者もあるだろう。

新型インフルエンザ発生時の診療継続計画に実行性はあるかの画像

ログインして全文を読む