中国を中心に確認されているH7N9型鳥インフルエンザのヒト感染例は減少傾向にあるものの、4月に報告された症例のうち家禽類との接触歴が「不明」とされる症例は半数に及んでいることが明らかになった。

H7N9鳥インフルエンザ感染者、家禽類との接触歴「不明」が50%にの画像

ログインして全文を読む