2015年10月開講予定の長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科創設準備の一環として、フィリピン首都マニラに位置する国立感染症専門病院であるサンラザロ病院において、熱帯感染症ベッドサイド研修を開催しました。研修の目的は、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院と連携して、熱帯地域のベッドサイドにて、世界水準の熱帯感染症に関する臨床教育と研究を推進することです。ここでは、3月に開催した研修について紹介したいと思います

熱帯感染症ベッドサイド研修という第一歩の画像

ログインして全文を読む