中国でヒト感染例が確認された鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスがパンデミック化した場合に備え、オランダErasmus Medical CenterのRon A. M. Fouchier氏や東京大学医科学研究所の河岡義裕氏ら世界の研究者22人が、同ウイルスの機能獲得実験に取り組むことを表明した。8月7日、Nature誌およびScience誌のオンライン版で同時に発表した。

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスのパンデミックに備え、GOF実験開始を表明の画像

ログインして全文を読む