米国で監視が強化されている豚インフルエンザウイルス(H3N2v)のヒト感染は、9月14日までの1週間で新たに9例が確認され、2012年夏以降で300例を超えた。新規確認例は、先週の8例から1例増加した。米CDCが現地時間の9月14日に発表した。

米のH3N2vヒト感染例、2012年夏以降で300例超えるの画像

ログインして全文を読む