各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数によると、12週(3月19日から25日)は、鳥取県、高知県、福井県など10県で前週より患者数が増加した。全国では14.21人と7週連続の減少となったが、依然として高い水準にある。

インフルエンザ患者、鳥取県、高知県、福井県など10県で増加の画像

ログインして全文を読む