2009年に発生した新型インフルエンザ。日本の死亡率が最も低い水準だったことに世界は驚いた。わが国のインフルエンザ診療の第一人者である菅谷氏は、抗インフルエンザ薬による早期治療という日本の治療方針が決め手になったと強調する。

抗インフル薬の早期治療が世界標準にの画像

ログインして全文を読む