ニュージーランドのインフルエンザ流行が拡大した。31週(8月2日から8日)には10万人当たりの受診率が110.7人と、流行の目安を超えた30週(同62.0人)より大幅に増加した(図1)。また、10万人当たりの受診率が250〜399である「High Activity」の州も、前週の1州から4州に広がった。

ニュージーランド、インフルエンザ流行が拡大の画像

ログインして全文を読む