沖縄県によると、29週(7月19日から25日)のインフルエンザ定点当たり届出数は1.05人となり、流行の目安とされる「1人」を2週連続で超えた。これまでに検査できた4検体のウイルスタイプは、3検体がB型、1検体がA香港型(H3N2)となっている。新型インフルエンザウイルスは、検出されていない。

沖縄県、定点当たり届出数が2週連続で「1人」超えるの画像

ログインして全文を読む