医師にとって、医学は中心的な学問であり、学ばなければならない必須の学問です。しかし、良質なヘルスケアを提供したいと考えるなら、既存の枠組みで定義される医学だけを学ぶのでは、十分とはいえません。医学しか学ばない者は、ろくな医療者にはなれない。医療者は、文学や哲学、倫理学、行動科学、心理学、言語学、工学などなど、幅広い学問に触れ刺激を得て、それらを医学と融合させて医療に取り込んでいくことが大切だといえます。

医学だけでは不十分。医療者に必要な幅広い学問に触れようの画像

ログインして全文を読む