私の専門である心不全の領域では、今後急増する慢性心不全患者、いわゆる「心不全パンデミック」にどうやって対応していくのかが大きな課題となっています。過疎地の病院での臨床経験を踏まえてですが、「医療とは患者、家族、医師、パラメディカル、メディア、企業などが皆で構成する『社会システム』だ」というのが私の持論です。

心不全パンデミックへの対応が急務。その具体策を考える契機にの画像

ログインして全文を読む