降圧薬の処方率について尋ねたところ、配合薬ではプレミネントが1位となった。一方、レザルタスやエックスフォージも伸び、それぞれ2位と3位に続いた。日経メディカル オンラインが会員医師を対象に実施した「高血圧治療に関する調査2011-2012」で明らかになった。

ログインして全文を読む