日本脳卒中学会は7月31日、東日本大震災の被災地では脳卒中発症が圧倒的に増加する危険があるとし、政府に対して速やかな「被災者の生活・健康環境の改善」と「強力で有効な脳卒中予防体制の整備」を求める声明を発表した。

被災地で高血圧リスクが上昇、対策が急務と日本脳卒中学会が緊急声明の画像

ログインして全文を読む