日常臨床で左室拡張能が低下した患者に遭遇する機会が増えている。左室拡張能障害は加齢、高血圧、インスリン抵抗性を伴う症例で多く、糖尿病と合併する頻度が高いが、治療に関するデータは不足していた。ただし、最近の基礎研究で、エイコサペンタエン酸(EPA)がTGFβ1およびリン酸化JNK経路の抑制を介して、エンドセリン1誘発性の心肥大を抑制することが報告されて、新たな治療法につながると期待されている。

精製EPA製剤はEPA/AA比が低い高血圧患者の左室拡張能を改善するの画像

ログインして全文を読む