近年、C型肝炎に対する薬物療法が進化し、ウイルスを排除できる可能性が増した。さらに治療効果の高い薬剤の開発が進む一方、治療に失敗した際のウイルスの薬剤耐性化が懸念され、患者ごとに適切な治療法を検討する重要性がますます高まっている。日本肝臓学会の肝炎診療ガイドライン作成委員会のメンバーである大阪大学の平松直樹氏に、「C型肝炎治療ガイドライン」のポイントと最新の研究成果を解説してもらった。

治療目的は肝炎ウイルス排除ではなく発癌予防の画像

ログインして全文を読む