C型肝炎に対する新たな治療法の開発は盛んに進められており、インターフェロンを用いないインターフェロンフリー療法が今夏にも承認される可能性がある。発癌抑制や耐性変異の観点から、薬物療法の望ましい選択について、関西労災病院(兵庫県尼崎市)の林紀夫氏に解説してもらった。

治療法は先の選択肢を考慮に入れて決定すべきの画像

ログインして全文を読む