C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)に持続感染し、炎症が引き起こされた疾患を指す。日本のHCV感染者数は、コホートにおけるC型肝炎ウイルス抗体の陽性率や献血のスクリーニングでの陽性率などを踏まえ、無症状で医療機関に通院していない感染者(キャリア)が150万〜200万人、慢性C型肝炎や肝硬変として治療を受けている患者が40万人とそれぞれ推定されている。

ログインして全文を読む