肥満症治療は、内臓脂肪の軽減を目的とした比較的軽度な減量とその長期的維持である。減量目標を、体重およびウエスト周囲長の5%減に置き、脂肪細胞の量的異常が強く関与する場合は、5〜10%減を目標にする。ただし、5%に満たない減少でも、内臓脂肪の軽減により明らかな健康障害の改善が得られれば、治療効果ありと判断する。食事療法と運動療法を中心に無理のない減量を目標とするが、行動変容は重要であり、行動療法は治療初期から導入する。運動によって消費されるエネルギーは少なく、体重に及ぼす影響は小さいが、内臓脂肪の軽減には効果的である

ガイドライン外来診療◆肥満症の画像

ログインして全文を読む