TGが500mg/dl以上の場合には、急性膵炎の予防のためTGの管理が重要となる。それ以外は主として粥状動脈硬化との関連が強いLDL-Cを中心とした動脈硬化性疾患の予防が重要となる。LDL-Cの管理区分の設定にはまず一次予防と二次予防を鑑別する。一次予防では、年齢、性別、血清TC、収縮期血圧、喫煙の有無からNIPPON DATA80のリスクチャートより絶対リスク(10年間の冠動脈疾患死亡率)を求め、さらに追加リスクの有無で、個々の患者のリスク管理区分(カテゴリー分類機銑掘砲魴萃蠅垢襦

ガイドライン外来診療◆脂質異常症の画像

ログインして全文を読む