現行の季節性インフルエンザワクチンは、発症や重症化を抑制できても、感染そのものを予防する効果には限界がある。また、新型インフルエンザのパンデミックで流行株を予測することは難しいため、流行株予測に基づいたパンデミックワクチンの効果もあまり期待できない。感染防御能に加え、流行株が完全に一致しなくても有効な、交叉防御能を併せ持つワクチンの開発が強く望まれる。国立感染症研究所感染病理部の長谷川秀樹氏は、不活化全粒子ワクチンの経鼻接種により、自然感染と同様に鼻粘膜にIgA抗体が誘導され、感染防御、交叉防御の両効果が得られることを明らかにした。

不活化全粒子経鼻インフルエンザワクチン、ヒトの血中、鼻粘膜で中和抗体を誘導の画像

ログインして全文を読む