塩野義製薬は10月25日、新機軸の抗インフルエンザ薬であるキャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬(S-033188)について、国内製造販売承認申請を行った。2015年10月に厚生労働省による先駆け審査指定制度の対象品目になっているため、概ね6カ月の審査期間をめどに承認される運び。2018年冬の季節性インフルエンザの流行までには、発売される見通しだ。

塩野義製薬、新規インフルエンザ薬で承認申請の画像

ログインして全文を読む