依然として、インフルエンザ脳症の発生が続いている。国立感染症研究所が3月28日発表した感染症週報(2016年第10週)によると、新たに15例が報告され、今シーズン累計で176例となった。死亡も3人増え、計8人となった。

インフルエンザ脳症で新たに3人死亡、患者は176人にの画像

ログインして全文を読む