国立感染症研究所は3月18日、今シーズンのインフルエンザ脳症の累積報告数が161例になったと発表した。毎週集計される感染症発生動向調査の報告数に、報告遅れの症例数を加えたもので、9週時点で既に昨シーズンの101例を上回った。

インフルエンザ脳症は161例、85.7%が15歳未満の画像

ログインして全文を読む