救急外来の診療に従事する医療スタッフは、救急外来以外のスタッフに比べて、インフルエンザの罹患リスクが高い可能性が示された。神戸市立医療センター中央市民病院の蛯名正智氏が、第43回日本救急医学会(10月21〜23日、東京開催)で発表した。

救急外来スタッフはインフルエンザの罹患リスクが高いの画像

ログインして全文を読む