沖縄県のインフルエンザが2014年46週以来、45週連続で流行が続いている。このまま推移すれば流行が終息することなく、14/15と15/16の2シーズンに渡って継続する可能性が出てきた。過去には、2011/12シーズンから12/13シーズンにかけて、97週連続で流行した記録がある。

沖縄県のインフルエンザ、45週連続で流行中の画像

ログインして全文を読む