茨城県は9月1日、障害者支援施設においてインフルエンザの集団感染が発生したと発表した。保健福祉部保健予防課によると、ウイルスはA(H3N2)亜型だった。同県では今季初めての集団感染例であり、例年になく早い時期の発生だという。

茨城県のインフルエンザ集団感染はAH3亜型の画像

ログインして全文を読む