流行拡大に伴い、インフルエンザによる入院患者も急増している。全国約500カ所の基幹定点医療機関からの報告によると、1月の入院患者は6361人と先月の5倍近くに達した。肺炎や急性脳症の傾向を把握するための指標も増加しており、重症化する症例も目立っている。

インフルエンザ入院患者が急増、重症例も目立つの画像

ログインして全文を読む